音ゲーは好きですか?

未分類

うちの長男もとにーに(19)と、ゆきねーね(12)は今同じ音ゲーにハマっているようで、ゆきねーねやもとにーにの年頃って、兄弟でも恥ずかしくてあまり喋らないとかあるのかと思うのですが、そう言った壁もゲームは軽く飛び越えるようです😊

なんのゲーム?って聞いたら軽〜く

プロセカ!

って返事だったので、ええ、調べましたよw

これがプロセカ!?

プロジェクト セカイ カラフル ステージ

略してプロセカだそうです😱

略すとこそこなん?ってツッコミはおじちゃん、おばちゃんしかせんらしいです😱

恐ろしいセカイだ・・・

でも、えーみさん大好きな無料でできる携帯アプリだそうです。App内課金はあるようで、ガチャとかするのに課金があるらしいのですが、何を言ってるかさっぱりw

でも、まあ、携帯ゲームは無料に限るよね!ちなみにセガから出てるらしいです。アーケード版は無いみたいですが😊

子どもたちが好きな音ゲーの代表格とも言えるのが、太鼓の達人なんですが、つい先日も秋葉で気がついたら兄弟みーんな並んでて面白かったw

太鼓の達人の人達w

太鼓の達人ってもう20年たつそうですよ、なんか、20年前すでに太鼓の達人してたよなぁ、私・・・あぁ、恐ろしい血統w

そんな私が昔(20年前!?)好きだった音ゲーは

ビートマニアや、ダンスダンスレボリューション、ポップンミュージックなどのコナミ系のゲームがメインでした。

『beatmania』とはコナミが1997年に稼働した音楽ゲームである。『BEMANIシリーズ』の第1作。また、同タイトルを冠する家庭用ゲームソフトや携帯ゲーム、携帯電話用アプリケーションなども存在する。

ウィキペディア

Dance Dance Revolutionは、1998年下期にコナミのBEMANIシリーズ第3弾として登場したアーケードの音楽ゲームおよび2013年稼働開始版のタイトル、またそれ以降展開されたシリーズ製品の総称である。

ウィキペディア

あと、個人的にとっても好きだったのが、パカパカパッション!

パカパカパッションは、プロデュースが開発し、ナムコがアーケードゲームとして発売した音楽ゲーム、および一連のシリーズである。 キャッチフレーズは「バトルでセッション 音楽は戦いです」。「パカパカパッション」の権利は、現在株式会社D4エンタープライズが所有している。

ウィキペディア

パカパカパッション

譜面の見方

パカパカパッションの譜面は特殊である。縦のゲージにチップが設置されていて、そこを一定の速度でカーソルが進んでいく。 プレイヤーはそのカーソルが合ったら、配置されている黄、赤、青、緑のチップに合わせて同じ色のボタンを叩いていく。タイミングが完璧に合ったらPerfect、多少ずれていたらGoodが出る(パカ2以降は早かったら赤色、遅かったら青色で表される)。 さらにずれているとnice、大きくズレるか別のチップを叩くとmissと出る。また、カーソルがゲージの最下段まで進むと、再び真上からカーソルが降りてきて、それに伴いチップの配置も入れ替わる。ここが他の音楽ゲームにはない所であり、一応次のチップが分かるように残像は用意してくれているが、このタイミングを掴めないと高得点は取りにくい。

ウィキペディア

というゲーム性なのですが、色付きの譜面の時にボタンを押すタイミングが、ものすごくシビアで難しいのと、ボタンも4つしか無いのにらボタン配置が珍しいので、両手を均等に動かすのがシンプルにむずかしかったなぁー😭片手でしてる強者もいたけどね😱

なんとなく好きな音ゲーを古いw方から書きましたが、ほら、やっぱり大人になってもゲーム辞めてなんか無いんだよなぁと思います。

20年前もすでに大人では?と言う質問は受け付けません!

皆さんの好きな音ゲー、思い出の音ゲーや、今お勧めしたいものなど、あれば是非教えてくださいね☺️

最新情報はTwitterで更新しています😁↓↓から飛べるので、是非遊びにきてください☺️

コメント

タイトルとURLをコピーしました